IT

【衝撃】就職活動とSNSの裏アカウント:企業の調査増加の背景と影響

引用:日本経済新聞

最近、就職活動中の学生のSNS「裏アカウント」に対する企業の調査依頼が増加しています。

この現象は、企業が新卒採用候補者の過去のSNS投稿を調査することにより、採用プロセスに新たな次元を加えています。

当記事では、SNSの裏アカウントの意味、企業によるSNS調査の増加の背景、法的および倫理的な問題、そして学生と企業に対するガイダンスについて掘り下げていきます。

TEMUバナー8

SNSの裏アカウントとは

SNSの裏アカウントとは、個人が公開したくない本音や悩みを投稿するために作られる、一般的なアカウントとは別のSNSアカウントです。

若者の間では、プライベートな感情や意見を表現するために、このようなアカウントを持つことが一般的になっています。

しかし、これらのアカウントが就職活動において重要な役割を果たすようになり、企業による調査の対象となっているのです。

引用:日本経済新聞

企業によるSNS調査の増加

企業は、就職活動中の学生のSNSアカウントを調査することで、候補者の人格や過去の行動を評価しようとしています。

このような調査は、特に迷惑動画の社会問題化やオンライン面接の普及により、ますます一般的になっています。

企業は、採用候補者のSNSの投稿を分析することで、入社後のトラブルを未然に防ぐことを目指しています。

法的および倫理的な問題

SNSアカウントの調査は、プライバシーの侵害や就職差別につながる恐れがあり、法的および倫理的な問題を引き起こす可能性があります。

厚生労働省の指針では、適性や能力に関係のない情報の把握は採用差別につながる恐れがあるとされています。

このような背景から、企業は候補者のSNSアカウントを調査する際には慎重に行動する必要があります。

学生と企業のためのガイダンス

学生は、SNSでの投稿が将来の就職活動に影響を与える可能性があることを意識する必要があります。

一方で、企業は、SNS調査を行う際には、法的な規制や倫理的な考慮を念頭に置くべきです。

また、採用プロセスにおいて、SNSの情報をどのように取り扱うかについての明確なガイドラインを設けることが重要です。

まとめ

SNSの裏アカウントに対する企業の調査は、就職活動において新たな課題を生み出しています。

この問題は、学生のプライバシーの保護と企業の採用プロセスの公正性を保つためのバランスを見つけることが重要です。

企業と学生の双方が、この新しい現実に適応し、適切に対応することが求められています。

当記事は以上となります。

TEMUバナー8