IT

【衝撃】心霊系YouTuberが廃墟に立ち入り逮捕:廃墟探索の法的リスクと心霊スポットの魅力

廃墟や心霊スポットへの探索は、スリルと冒険に満ちた行為ですが、法的なリスクも伴います。

最近のニュースで、京都府の「笠置観光ホテル」跡地に不法侵入した若者たちが恐喝の疑いで逮捕された事件が話題となりました。

当記事では、事の詳細や逮捕されたYouTuber、不法侵入のリスクと法的な境界線、営利目的の侵入とそのリスクなどについて見ていきます。

TEMUバナー8

事の詳細:京都「笠置観光ホテル」跡地の事件

2023年12月19日、京都府警木津署は、大阪府在住の男女3人を恐喝などの疑いで逮捕しました。

彼らは「心霊系YouTuber」として活動しており、ホテルの所有者から管理および不法侵入に対する損害賠償請求に関する委託を受けていたとされます。

こういう廃墟への侵入トラブルは、近年ではコスプレイヤーとカメラマンが「映える」と評判の廃墟で無断撮影をし、SNSで炎上する事案もあったとのこと。

逮捕されたYouTube:心霊系YouTuberの違法行為

逮捕された3人は、侵入者に対し「前科がつく」「刑事か民事か選んで」と恐喝を繰り返し、計34人が被害に遭ったと報じられています。

一方で、恐喝を受けた側も不法侵入を問われる可能性があります。

この事件は、廃墟探索の危険性と法的な境界線について重要な議論を提起しています。

不法侵入のリスクと法的な境界線:廃墟への侵入の危険性

廃墟や心霊スポットへの侵入は、「住居侵入罪」、「邸宅侵入罪」、「建造物侵入罪」などに該当する可能性があります。

特に、私有地の境界が不明瞭な場合、侵入者は法的なリスクを冒していることに気付かないことがあります。

器物損壊罪と建造物損壊罪の可能性:廃墟内での行動の法的影響

廃墟内で備品を壊した際には器物損壊罪、建物そのものを壊すと建造物損壊罪に問われる可能性があります。

また、備品を破損したり、建物の一部を壊したりする行為は、故意によるものと見なされることがあります。

営利目的の侵入とそのリスク:廃墟探索の商業化の問題

YouTubeやコスプレ写真集の販売など、営利目的で廃墟に侵入する行為は、刑罰を重くする要因となり得ます。

合法的に撮影するためには、所有者の許可を得る必要がありますが、所有者が不明な場合も多く、これがさらなる問題を引き起こすことがあります。

まとめ:廃墟探索の法的リスクへの対応

廃墟や心霊スポットの探索は、法的な思考を持ち込むこと自体が野暮とされることもありますが、法的リスクを理解し、適切な対応をすることが重要です。

トラブルに巻き込まれないためには、所有者の許可を得るか、敷地外からの撮影に留めることが鉄則です。

当記事は以上となります。

【衝撃】"迷惑系ユーチューバー"が進化した"私人逮捕系ユーチューバー"が登場・注目される YouTubeやSNSの世界で新たなトレンドが浮上しています。 それは"私人逮捕系ユーチューバー"と呼ばれる一群のクリエ...

【衝撃】盗撮疑惑で恐喝未遂:私人逮捕系ユーチューバーの衝撃事件 神奈川県警戸部署が恐喝未遂の疑いで、私人逮捕系ユーチューバーの2人を逮捕した事件が話題になっています。 当記事で...

【衝撃】撃退系ユーチューバー"令和タケちゃん"のチャンネルが垢BANされる 引用:エックス 「令和タケちゃん」こと後藤たけし氏は、元陸上自衛官であり、政治や社会問題に焦点を当てたユーチューブ活...
TEMUバナー8