IT

【衝撃】能登半島地震における偽情報・誤情報への対策:政府の新技術開発支援とその影響

引用:読売新聞オンライン

最近、能登半島地震に関連する偽情報や誤情報がSNS上で拡散されている問題が注目されています。

この問題に対処するため、政府は新たな技術開発を支援する方針を固めました。

当記事では、オリジネーター・プロファイル(OP)とは何か、その取り組みや偽情報・誤情報対策の重要性について詳しく見ていきます。

TEMUバナー8

オリジネーター・プロファイル(OP)とは何か

オリジネーター・プロファイル(OP)とは、インターネット上の記事や広告に第三者機関が認証した発信者情報を電子的に付与する技術です。

この技術により、利用者は情報の信頼性を容易に確認できるようになります。

OP技術研究組合には国内外のメディアなど37法人が参加しており、2025年の運用開始を目指しています。

政府の取り組み

政府は、被災者支援の対策パッケージの一環として、被災自治体とOP技術を用いた実証実験を行うことを計画しています。

この対策パッケージには、インターネット上の偽情報・誤情報対策が明記されており、IT企業が偽情報や誤情報を判別しやすくするための技術開発を支援する方向性が示されています。

偽情報・誤情報対策の重要性

過去の災害時に流布された偽情報は、被災者の混乱を招き、救助活動に支障をきたすことがありました。

特に、SNSの普及により、誤った情報が迅速に拡散するリスクが高まっています。

このため、偽情報・誤情報を効果的に識別し、対処する技術の開発は非常に重要です。

まとめ

能登半島地震における偽情報・誤情報の問題は、私達全員にとって重要な課題です。

政府の取り組みと技術開発は、このような情報の拡散を防ぎ、正確な情報が共有されることを確保するための重要なステップです。

私達1人1人も、情報の信頼性を確認し、正確な情報を共有することで、この取り組みを支援することができます。

当記事は以上となります。

【衝撃】能登半島地震でのSNS上のデマ情報の実態と対策とは!? 2024年元日の夕方に発生した能登半島地震は、多くの被害をもたらしました。 当記事では、その被害状況と、SNS上...

【衝撃】能登半島地震とSNS上の偽情報の拡散 2024年1月1日、石川県能登地方で震度7の強い地震が発生しました。 この地震に関連して、SNS上では「人工地震...
TEMUバナー8