IT

【衝撃】能登半島地震でのSNS上のデマ情報の実態と対策とは!?

2024年元日の夕方に発生した能登半島地震は、多くの被害をもたらしました。

当記事では、その被害状況と、SNS上で拡散されたデマ情報の事例と影響、デマ情報の背景、そして真実を見極める方法について深堀りしていきます。

TEMUバナー8

能登半島地震の概要と被害状況

能登半島地震は、元日の夕方に発生し、被災地からは救助要請や現地の様子を伝える投稿が相次ぎました。

しかし、中には偽りの住所で救助を要請する投稿や、過去の写真を使って被害者を装う人もいて、いわゆるデマ情報により混乱が拡大しました。

デマ情報の背景

デマ情報の背景には、SNSの広告収益を目的とした行動が関係しています。

投稿の表示回数が収益化に影響を与えるため、一部のユーザーは故意にデマ情報を拡散し、投稿の表示(インプレッション)や広告収入を稼ぐことがあると、実業家のイーロン・マスク氏が指摘されました。

SNSでのデマ情報の事例とその影響

特にエックス(旧ツイッター)では、デマ情報が拡散しやすい傾向があります。

例えば、救助を要請する偽の投稿や、関連しない古い写真を使って被害を装う投稿などが見られました。

デマ情報を見極めるためのポイントは、

・アカウントの開設年月日

・過去の投稿内容

・住所が実在するか

・投稿者がその場所に居住している可能性

これらを確認する必要があります。

こういうデマ情報は、実際に支援が必要な人々への救助活動を妨げ、混乱を引き起こす原因となります。

デマ情報に惑わされないために

災害が発生した際は、デマ情報が出回り惑わされないためにしましょう。

信頼できるエックスアカウントの例は下記です。

・気象庁 @JMA_kishou

・国土交通省 @MLT_JAPAN

・内閣府防災 @CAO_BOUSAI

・総務省消防庁 @FDMA_JAPAN

・内閣府政府広報オンライン @gov_online

・首相官邸(災害・危機管理情報) @Kantei_Saigai

・NHKニュース @nhk_news

・NHK生活・防災 @nhk_seikatu

・特務機関NERV @UN-NERV

・その他に自治体、知事、市長などのアカウント

まとめ

能登半島地震における被害状況や、SNS上でのデマ情報の拡散は、多くの人に教訓を与えました。

デマ情報の背景を理解し、真実を見極める方法を身につけることで、今後の災害時における情報の取り扱いに注意を払うことが重要です。

当記事は以上となります。

【衝撃】能登半島地震とSNS上の偽情報の拡散 2024年1月1日、石川県能登地方で震度7の強い地震が発生しました。 この地震に関連して、SNS上では「人工地震...

【衝撃】能登半島地震における偽情報・誤情報への対策:政府の新技術開発支援とその影響 引用:読売新聞オンライン 最近、能登半島地震に関連する偽情報や誤情報がSNS上で拡散されている問題が注目されています...
TEMUバナー8