時事

【衝撃】能登半島地震に便乗した新しい悪質商法が登場!!

1月1日に発生した能登半島地震により、富山県内の被災地では住民による復旧作業が続いています。

しかし、この混乱を利用し、不審な業者による悪質商法が横行している現状があります。

当記事では、地震被害と被災地の現状、被災地での悪質商法の実例とその手口、被災者が取るべき対策と警察のアドバイスについて見ていきます。

TEMUバナー8

地震被害と被災地の現状

最大震度5強の地震に見舞われた富山県内の被災地では、住民達が日々、懸命な復旧作業に励んでいます。

しかし、このような状況下で不審な業者が現れるケースが増えています。

被災地での悪質商法の実例とその手口

例えば、滑川市内では建設業者を名乗る人が高齢者宅を訪れ、「電柱の地震被害の点検をする」や「屋根の瓦がずれている」と偽る事例があります。

また、射水市内では「ボランティア」と称して屋根に勝手に登る業者もいます。

これらの他にも、「電子マネーで手数料を支払えばお金を受け取れる」という内容のメールが届いたとの相談も受理されたとのことです。

被災者が取るべき対策と警察のアドバイス:安全と防犯のために

被災者は、業者が訪問した際には社員証や本人証明書を確認し、少しでも不審に感じたら警察に通報することが重要です。

警察もこのような犯罪に対する警戒を呼びかけています。

まとめ:被災地での注意喚起

能登半島地震の被災地では、住民達の復旧努力が続く中、悪質商法による被害も増加しています。

被災者は警戒を強め、疑わしい業者には注意し、必要に応じて警察に相談することが求められています。

当記事は以上となります。

TEMUバナー8