時事

【衝撃】富山県魚津市の坪野鉱泉:廃墟からの再生

引用:読売新聞 オンライン

魚津市坪野地区に位置する坪野鉱泉(ホテル坪野)は、かつての栄光から廃墟へと変貌し、地域の懸念の種となっていました。

しかし、コロナ禍による補助金の提供を機に、この廃墟が解体され、地域再生への一歩を踏み出すことになりました。

当記事では、廃墟の現状と地域の課題、解体への動きとコロナ禍の影響、地域再生への期待などについて見ていきます。

TEMUバナー8

廃墟の現状と地域の課題

坪野鉱泉は1970年代に開業し、プールや遊園施設を備えたリゾートとして栄えました。

しかし、約10年後に廃業し、以降は荒廃が進みました。

不法侵入やゴミの不法投棄が問題となり、地域住民にとっては不気味、又は迷惑な存在となっていました。

解体への動きとコロナ禍の影響

コロナ禍により、観光庁は「地域一体となった観光地・観光産業の再生・高付加価値化事業」を創設しました。

この補助金を活用し、魚津市は坪野鉱泉の解体を含む計画を提出し、採択されました。

解体には約1億9800万円が見込まれ、国から半額の補助が得られることになりました。

地域再生への期待

坪野鉱泉の解体は、地域の景観改善と観光振興に大きく貢献すると期待されています。

廃墟がなくなることで、地域のイメージが改善され、新たな観光資源の開発や地域活性化に繋がることが期待されます。

まとめ

坪野鉱泉の解体は、地域の長年の課題を解決する重要な一歩です。

コロナ禍がもたらした補助金の提供は、地域再生のための大きなチャンスとなりました。

この動きが、魚津市のさらなる発展に寄与することを期待します。

当記事は以上となります。

【衝撃】富山県小矢部市の廃墟問題:シゲタ動物薬品工業の建物とその影響 引用:読売新聞 オンライン 小矢部市の山中にひっそりと存在する廃虚、かつて繁栄を極めたシゲタ動物薬品工業の本社が、今...

【衝撃】富山市の廃墟ホテル「ビラ立山」、解体中断からの再出発 引用:読売新聞 オンライン 富山市亀谷に位置する廃ホテル「ビラ立山」は、解体工事の中断から2年が経過しました。 ...
TEMUバナー8