時事

【衝撃】能登半島地震と福袋:富山の商業施設「ファボーレ」で起きた奇跡

2024年の新年早々、能登半島地震が富山県を襲いました。

富山県富山市にある大型商業施設「ファボーレ」では、新年の買い物を楽しんでいた多数のお客さんにも影響を及ぼしました。

当記事では、地震による混乱の中で起きた小さな奇跡に焦点を当て、その瞬間を振り返ります。

TEMUバナー8

地震が襲った新年の日

2024年1月1日、ファボーレでは新年の福袋販売が行われていました。

開店前の午前8時半頃、多数のお客さんが集まっており、用意された88個の福袋を求めて行列が作られました。

そして午後4時11分、能登半島地震が施設を襲い、天井からの落下物により、施設内は騒然となりました。

この瞬間、施設内は緊張と混乱に包まれましたが、福袋が意外な形で来場者を守ることになりました。

福袋がもたらした保護

能登半島地震により、ファボーレの装飾された物が耐えられずに落下しました。

しかし、奇跡的にもケガ人は出ませんでした。

これは、福袋が壁のように機能し、直接的な落下を防いだからです。

福袋の中身には、小型ヒーターやティッシュ、布団、鍋セットなどが含まれており、これらが落下物の衝撃を和らげました。

復旧と再開に向けて

ファボーレでは、地震による被害を受けた後、天井の補強工事を行い、2月中には太陽の広場を再開する予定です。

この出来事は、多くの人々にとって、新年の始まりに小さな福が訪れた瞬間となりました。

まとめ

能登半島地震は、多くの人々にとって新年早々の災害となりましたが、福袋が意外な形で保護をもたらし、被害を抑える助けとなりました。

また、ファボーレの迅速な対応と復旧作業は、今後の災害に備える上での重要な一歩です。

当記事は以上となります。

TEMUバナー8