時事

【衝撃】小さな命を守る「母乳バンク」の力

日本で年間約6000人の赤ちゃんが早産などの理由で、1500グラム未満の小さな体で生まれています。

そういう赤ちゃんは”極低出生体重児”とも呼ばれます。

その小さな命を支えるために、母乳バンクが重要な役割を果たしています。

当記事では、母乳バンクの仕組み、個人の体験談、そしてその利点と課題について掘り下げ、母乳バンクの普及が社会に与える影響を考察します。

TEMUバナー8

母乳バンクとは

母乳バンクは、母乳が出ない母親に代わって、健康な母親からの母乳を提供するシステムです。

寄付された母乳は検査・殺菌され、極低出生体重児の赤ちゃんに無償で提供されます。

このシステムは、赤ちゃんの健康を守るために非常に重要な役割を果たしています。

引用:NHK

個人の体験談

小島かおりさんは、1412グラムで生まれた娘のための母乳バンクの存在を知りませんでした。

しかし、その後、母乳バンクの重要性を理解し、自身もドナーになる決意をしました。

彼女の体験は、母乳バンクの普及と理解の必要性を浮き彫りにします。

ドナーになるためには

国内の「母乳バンク」は、東京の「日本財団母乳バンク」と「日本母乳バンク協会」、それに愛知県の「藤田医科大学病院 日本財団母乳バンク」の3か所にあります。

ドナーになりたい場合は、「日本財団母乳バンク」か、「日本母乳バンク協会」のホームページで申請した後、病院で登録のための検査を受けます。

登録が完了すると、搾乳に必要な道具が提供され、自宅で搾乳し、冷凍保存した母乳を宅配便で母乳バンクに送ります。

母乳バンクのドナーになるためには、健康状態の確認と血液検査が必要です。

この協力が多くの赤ちゃんの命を救うことに繋がります。

母乳バンクの利点と課題

母乳バンクの最大の利点は、母乳を必要とする赤ちゃんに安全で栄養価の高い食事を提供できることです。

しかし、母乳バンクの認知度の低さやドナー不足は大きな課題です。

これらの課題を克服することが、より多くの赤ちゃんを救う鍵となります。

母乳バンクの普及と社会への影響

母乳バンクの普及は新生児の健康と発達に大きな影響を与えます。

また、母乳バンクの存在は母親達にとっても心強い支援となり、出産後の精神的な負担を軽減できます。

社会全体で母乳バンクの重要性を認識し、支援することが求められています。

まとめ

母乳バンクは、極低出生体重児を含む多くの赤ちゃんの健康と成長を支える重要なシステムです。

母乳バンクの普及とドナーの増加は、社会全体での支援と理解を必要としています。

当記事を通じて、母乳バンクの重要性が広まり、より多くの人々がこの素晴らしい取り組みに参加することを願っています。

当記事は以上となります。

TEMUバナー8