エンタメ

【衝撃】アニソンイベント・アニロカFES in滋賀中止の背後にある脅迫とファンの声

2023年12月22日、アニメファンにとって特別な日に予定されていた「アニロカFES in滋賀」が、12月13日に突如として中止に追い込まれました。

このイベントは、アニメ「ラブライブ!」の楽曲「Snow halation」の作曲者・山田貴弘さんが発起人の1人として企画され、多くのファンが期待を寄せていました。

しかし、予期せぬ脅迫により、イベントは中止を余儀なくされ、アニメソングコミュニティに衝撃を与えました。

TEMUバナー8

アニロカFESとは

アニロカFESは、アニソンを通じて地方から日本を元気にすることを目的とした地方創生プロジェクト「アニ×ロカ Project」の一環として開催されるイベントです。

このプロジェクトは、作曲家や音楽プロデューサーの山田高弘氏が発起人の1人となっており、アニロカFESはその第1弾イベントとして位置づけられています。

アニロカFES中止の背景

「アニロカFES」の中止は、主催者と関係機関に対する一連の脅迫が原因でした。

関係機関に届いた脅迫内容には、

・近隣の駅で学生を刺殺する

・会場内にガソリンを撒いて放火する

・周辺の来場者を皆殺しにする

・特定のキャストを射殺する

といった極めて深刻なものが含まれていました。

また、「犯人はブログを開設し共犯者を募り煽っている」とのことです。

これらの脅迫により、主催者は参加者の安全を最優先に考え、重苦しい決断を下すことになりました。

このような脅迫は、イベントの安全性に対する重大な懸念を引き起こし、最終的には中止という形で結論づけられました。

ラブライブ!ファンの失望

「ラブライブ!」のファンは、このイベントに対して特別な思い入れを持っていました。

新田恵海さん(高坂穂乃果役)、飯田里穂さん(星空凛役)、徳井青空さん(矢澤にこ役)など、人気キャラクターを演じる声優の出演も予定されており、ファンにとっては夢のような1日になるはずでした。

しかし、中止のニュースは、ファンの間で大きな失望と悲しみを引き起こしました。

特に「Snow halation」の発売日と同日に開催される予定だったことが、ファンにとっては意味深いものでしたが、その期待は突然打ち砕かれました。

安全かつ苦渋の決断

主催者は、脅迫によるリスクを鑑み、安全を最優先に考えるという難しい決断を下しました。

この決断は、ファンの安全を守るためのものであり、同時にイベントを楽しみにしていた多くの人々にとって、非常に残念ものでした。

主催者は、安全対策を施した開催運営が出来ないと判断し、最終的に中止を決定しました。

これは、イベント運営における安全性の重要性を改めて浮き彫りにする出来事となりました。

ファンからの声

中止の発表を受けて、「ラブライブ!」ファンらからは、

・「えみつん、りっぴー、そらまるの唄うスノハレが流れてしまった可能性大なのか…許せねぇ..」

・「アニロカ、絶対μ’sメンツでのスノハレやる気だったやんな?だぁーこの中止きっついなぁ…」

・「μ’s3人揃えた上で時期はクリスマス目前。アニロカの立案者がスノハレの関係者。やるには最高のシチュエーション。見たかったなあ」

などの残念がる声が上がってます。

アニメソングイベントの危機

この事件は、アニメソングイベントという文化にとっても大きな打撃となりました。

ファンにとっては、単なる娯楽以上の意味を持つこれらのイベントが、外部からの脅威によって中止に追い込まれることは、コミュニティ全体にとって深刻な問題です。

このような事態は、今後のイベント運営において、安全対策の強化とリスク管理の重要性を示しています。

まとめ

「アニロカFES in滋賀」の中止は、アニメソングファンにとって大きな失望となりましたが、この事件は同時に、イベントの安全性という重要な問題を浮き彫りにしました。

今後、イベント主催者は、参加者の安全を確保しつつ、このような文化的な集まりを継続するための新たな対策を講じる必要があります。

アニメソングイベントは、ファンにとってかけがえのない場であり、その価値は今後も変わらないことでしょう。

この事件を教訓に、より安全で楽しいイベントが開催されることを願っています。

当記事は以上となります。

TEMUバナー8