時事

【衝撃】能登半島地震に便乗した悪徳商法の手口がヤバイ!!

最近、富山県高岡市太田地区で、被災地の住宅を狙った悪質なブルーシートの高額販売が確認されました。

これは、地震の被害に便乗した不審な業者によるもので、警察が注意を呼び掛けています。

当記事では、不審な業者の手口や警察の注意喚起などについて見ていきます。

TEMUバナー8

被災地の悲劇を利用

今回現れた業者は、「国から依頼された」と偽り、家屋の被害調査を申し出ています。

彼らはブルーシートを10メートルで10000円という高額で売りつけようとし、被災者の困難な状況を利用しています。

因みに、ネット通販で扱ってるブルーシートは約2メートル四方で500円程度であります。

不審な業者の手口

不審な業者は、富山県外のナンバープレートを付けた車で活動しており、国からの依頼は事実無根であることが確認されています。

彼らは、被災者の不安を煽り、必要以上に高額なブルーシートを売りつける手口を使っています。

警察の注意喚起

警察は、このような悪質商法に対して注意を呼び掛けています。

不審な業者に対しては、名刺や身分証を要求し、身元を確認することや、怪しいと感じたら断固として拒否することが推奨されています。

まとめ

この事件は、被災地での悪質な商法の一例に過ぎません。

被災者やその周辺の人々は、このような不審な業者に対して警戒し、適切な対応を取ることが重要です。

また、こうした情報を共有し、地域社会全体での防御体制を強化することが求められます。

当記事は以上となります。

TEMUバナー8