時事

【衝撃】551蓬莱社員が自殺:カスタマーハラスメントによる労災認定の訴訟

引用:弁護士ドットコムニュース

大阪の有名な「551蓬莱」で、お客さんからの電話対応中のカスタマーハラスメント(カスハラ)が原因で、26歳の男性社員がうつ病を発症し、自殺に至ったという事例が発生しました。

この悲劇は、顧客対応の現場で働く人々にとって重要な意味を持つ労災認定訴訟へと発展しています。

当記事では、カスタマーハラスメント(カスハラ)とは、事件の概要、労災認定の経緯、企業の対策と責任について深堀りします。

TEMUバナー8

カスタマーハラスメント(カスハラ)とは

カスタマーハラスメント、通称カスハラとは、顧客がサービス提供者や店舗の従業員に対して、不適切、攻撃的、または威圧的な言動をとることを指します。

こういう行動には、言葉の暴力、身体的脅迫、人種や性別による差別的なコメントなどが含まれます。

カスタマーハラスメントは、従業員の精神的、感情的な健康に悪影響を与えるだけでなく、職場環境を害し、企業の評判にも影響を与える場合があります。

事件の概要

26歳の男性社員は2015年に551蓬莱に入社し、通信販売の電話受付部門に配属されました。

彼は、注文受付の他、店舗に関する問い合わせやクレーム対応も行っていました。

クレームの中には「死ね」、「殺す」などの脅迫する言葉や、理不尽な要求も含まれていました。

また、彼は2017年10月にうつ病と診断された後、2018年6月に自殺しました。

労災認定の経緯

男性の母親は、心理的負荷による精神障害の労災認定を申請しました。

しかし、大阪中央労働基準監督署は「心理的負荷は強くなかった」として労災と認めず、遺族補償金を不支給と決定しました。

これに対し、不支給決定を覆すための裁判が始まりました。

企業の対策と責任

この事件は、企業が従業員を守るためのカスハラ対策の重要性を浮き彫りにしています。

551蓬莱の場合、通信販売受付の電話機にはナンバーディスプレイや録音機能が無く、男性社員は悪質なクレーマーからの電話に無防備で対応しなければなりませんでした。

企業は従業員を保護するための適切な対策を講じる責任があります。

まとめ

この訴訟は、カスハラによる精神的なダメージが労災として認められるべきかという重要な問題を提起しています。

また、企業が従業員を守るためにどのような対策を講じるべきかという労務管理の観点からも、大きな意義があります。

この事件は、カスタマーサービス業界における労働環境の改善に向けた一歩となることを期待します。

当記事は以上となります。

【衝撃】改正された「旅館業法」と宿泊客が知るべき新しいルール 2023年12月13日、日本の旅館業法に重要な改正がされました。 この改正は、宿泊業界におけるカスタマーハラスメ...

【衝撃】カスハラ防止条例の制定へ向けた東京都の動き 東京都が、従業員に対する理不尽な要求や悪質なクレーム、いわゆる「カスタマーハラスメント(カスハラ)」の防止条例を制定す...
TEMUバナー8